%e2%98%85metamo

metamorphose | メタモルフォーゼ

Metamorphose(メタモルフォーゼ)は、大阪発の型にはまらない自分なりのロリータスタイルを追求したロリータブランドです。メタモと略して呼ばれることが多く、迷彩柄やナース服、オールインワンなどロリータではなかなか取り入れにくい個性的なモチーフ、和柄のロリータなど斬新なスタイルを提案しています。その中でも金魚をモチーフにした「乙女の白昼夢」は発表された際世界中のロリータの間で話題に。シャーリングを使ったアイテムが多くサイズを調節可能なアイテムが多いのも特徴です。

商品数462件

Metamorphose(メタモルフォーゼ)は、幅広いデザインが魅力

Metamorphose(メタモルフォーゼ)は、加藤訓仁子氏(現 俵屋KATO)によって1993年にスタートしたブランド。正式名称はmetamorphose temps de fille(メタモルフォーゼ タン ドゥ フィーユ)。可愛らしいロリータスタイルから、ゴシック・パンク・クラシカルな装いまで、幅広いデザインを販売しているファッションブランドです。加藤氏退社後の現在は、デザイナーチームが企画をおこなっています。過去には、ナースやキャビンアテンダントといった職業制服を模したものや、つなぎやミリタリースタイルのようなボーイッシュなもの、アニメ・特撮作品とタイアップした衣類の販売もおこなっています。全国の直営店(札幌・原宿・新宿・名古屋・京都・三宮・大阪・福岡)のほか、公式サイト(www.metamorphose.gr.jp)での通販(海外発送にも対応)や、楽天市場内にも店舗を展開して、通販を行っています。ロリータ系のお洋服のセレクトショップでもMetamorphoseのアイテムが販売されています。

魅力の定番シリーズとアクセントになる小物たち

Metamorphoseの魅力のひとつが、人気シリーズの多さです。夏の定番「セーラーシリーズ」や、和柄生地を使用した「和柄シリーズ」は、ブランド初期の頃からの人気商品で、近年もブラッシュアップを重ねながら、新作が登場しています。ほかにも初夏のフルーツプリントや、見た目にも豪華な「総レースシリーズ」、しっとりと着こなせるクラシカルなドレス類など、一度はまるとリピート買いしてしまいそうなお洋服が満載です。そしてもうひとつ、Metamorphoseでチェックしておきたいのが、ツボを押さえた小物類です。例えばシューズやバッグなどの革製品には、ネイビーやゴールドといった珍しい色合いのものも登場します。他のブランドではあまり見ないカラーでも、実際に身に付けてみると、コーディネートのアクセントになってしまうのです。そのほかにも、おしゃれ上級者ならこだわりたい、ドロワーズやパニエといったインナー類も、魅力の品揃え。人気のオリジナルプリントを使ったブルマなどは、お洋服とお揃いで購入する方も多く、値段も手頃なので、コレクター魂に火が点いてしまうかも。パニエも定番の白や黒だけではなく、スカート部分に柄生地を使用するなど、ひと捻りある商品が揃っています。通販ですと、家でゆっくりと商品を見ながらお買い物ができるので、特にまとめ買いされる方が多いようです。これはMetamorphoseのお品全般に言えることですが、実際に着た時の可愛さは、ロリータブランドの中でも飛び抜けています。「メタモル・マジック」と呼ぶ人も居るほどの魅力を、ぜひ一度体感してみてください。

初心者さん必見のHappy Pack

Metamorphoseでは、おもに新年と夏の年2回、お得な福袋(Happy Pack)を販売しています。季節商品の詰め合わせのほか、最近ではコーディネート一式が入った、中身の見える福袋の販売もおこなっています。MetamorphoseのHappy Packには、着回しの利くシンプルなブラウスや、ロリータさんの必需品であるドロワーズが同梱されていることも多く、定番アイテムがお値打ちに手に入るので、ロリータ初心者さんにもオススメです。また、Metamorphoseのお洋服には、シャーリングのデザインが施されたものも多いので、グラマーな方でも比較的着やすいようです。通信販売でも定期的にセールを実施しており、かなりお得にお買い物ができるケースもありますよ。Metamorphose(メタモルフォーゼ)服の買取・売却はこちら