ゴシック&ロリィタファッションの最新情報が集まるメディアサイト
閉じる
お洋服を買う- USED - お洋服を買う- NEW - お洋服を
売る

アリスのモデルはリアルロリィタ美少女!?厳選洋ロリ映画8選!♡

洋ロリとは?

【洋ロリとは?】

そもそも洋ロリって何か知っていますか?
ロリにも、甘ロリ、ゴスロリ、姫ロリ…など。色々な種類がありますね♪
洋ロリも、ロリの種類の1つです♡
❤︎語源は?
欧米の白色人種の特徴のロリをカテゴライズしたもの。
洋物ロリ、からきています

 

❤︎特徴は?
・ブロンド
・青い目
・そばかす、など。


引用:ぱくたそ
不思議の国のアリスのような少女をイメージして♡

クラシカルファッションを楽しめる洋ロリ映画!

クラシカルな洋風ファッションを楽しめる映画を8つ、紹介しちゃいます!
観ているだけでも、素敵な世界観に引き込まれてしまうはず!優雅にひたって♡
ファッションにも大注目!


引用:Instagram

【ロリータ】


引用:Filmarks
ナボコフの小説を原作とした、1962年のイギリス映画。
可愛らしい少女、ロリータに翻弄される男性の、破滅への道を描く。
ロリコン、という言葉の元になった映画でもあります。

主人公ロリータの可愛らしさが抜群。
ナボコフ本人が手がけた脚本による、綺麗な言葉にも注目。
原作と違い、心理描写にこだわった演出も見どころ◎

引用:Wikipedia
ときに女性らしく、ときに幼い、少女たちが身にまとうのは、モノクロながらに彼女たちの女性らしさを引き立てるドレス。そしてフリルの立て襟のワンピースなど、まさに現代のロリィタ服のデザインに引き継がれているものです。

【ヴァージン・スーサイズ】


引用:Filmarks
『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』という小説を映画化した、アメリカ映画。
1999年。ミシガン州で、少年たちの憧れの的であった、美しい5人姉妹。
彼女たちの繊細な心理を、美しい映像で描いた作品。
少年たちの視点からみるのも◎

引用:Y!映画
美しいけれど、憂いを含む少女たちの繊細さ、儚さ。それらが、パステルカラーやレースの綺麗な世界観と対峙して、より一層、彼女らの不安定な心理描写を引き立たせます。

【ピクニック at ハンギング・ロック】


引用:Filmarks
1975年、同名小説を実写化した、オーストラリア映画。
女学校のピクニックで起こる失踪事件。
少しホラーでハラハラどきどきのミステリー!

引用:Instagram

引用:Instagram
女学校という舞台設定によるかわいさを存分に堪能して♡ 制服やインテリア、食器やファッション、そして女の子たち…。
崩壊ストーリーとは裏腹にかわいいで溢れた映像に釘づけ♪

【ヴィオレッタ】


引用:Filmarks
2011年、フランスで公開された長編映画。
女優である、エヴァ・イオネスコが自らの体験物語を監督し、手がけた作品。
母娘の葛藤ストーリー。
母アンナが娘ヴィオレッタを、着飾らせ撮る様子を描いています。

引用:Instagram
ヴィオレッタの衣装のかわいさ、そして徐々に過激になる撮影活動への病み。
美しいドレスに包まれて、母アンナと過ごすヴィオレッタ。後半での、崩壊と変貌にも注目。

引用:Instagram
豪華すぎる衣装デザインは、キャサリン・ババ♡

【メリーポピンズ】


引用:Filmarks
1964年、ウォルト・ディズニー社製作のミュージカル映画。
実写とアニメーションの合成されたファンタジーな世界観を楽しんで♪
風にのってやってきた、家庭教師メリーと子供たちの冒険ストーリー!

引用:twitter
子供部屋にメリーゴーランド、人々を幸せにするメリーの魔法に癒されながら、あっという間に観れちゃいます♡
本当に大切なものに気づく子供たち…。ストーリーも映像も美しい物語♪


引用:アートコンサルタント

引用:映画.com
2019年2月『メリー・ポピンズリターンズ』
50年ぶりの続編です!ぜひ映画館で観てみて♪

【シェルブールの雨傘】


引用:Filmarks
1964年、フランス映画。
全編音楽のみのミュージカル形式が画期的!
ゆったりと世界観に浸りたい方に♪
戦争で引き裂かれた、幼馴染み同士の恋愛。
そしてまた、2人が歩みだすそれぞれの人生と周りの人々。
今までの語り調の映画からうってかわり、ルグランの心揺さぶる音楽で表現された美しい作品です。


引用:Y!映画

【ロミオとジュリエット】


引用:Filmarks
1996年、アメリカ映画。
原作のシェイクスピアの台詞はそのままに、時代設定を現代にしたもの。
華やかな仮装パーティーや、ジュリエットのドレスを堪能して♡

引用:映画.com
1968年、イギリス&イタリアの合作映画版もあります♪
違いを楽しんでも◎

【アリス】


引用:alicediction
1972年、イギリスのミュージカル映画。
ルイス・キャロルの小説『不思議の国のアリス』は、ディズニーを含み、たくさん映画化されていますね♪
今回は、舞台や衣装など、ロリィタな世界観に浸れることはもちろん、ちょっと気になるアリスをご紹介♡

引用:映画ランド
こちら、原作と同じ台詞が使われていたり、設定が細かいです!
本当にアリスの物語に迷いこんだかのように楽しめちゃいます♪
ほかのアリスも見比べて楽しむのも◎

引用:twitter
↑ディズニー映画(1951)のモデル&声優となった、キャサリン・ボーモンド♡



引用:Instagram

美しい衣装を見にまとった少女たちの物語。そこからは、彼女たちの不安定な心理状態や、周りの環境からもたらされる闇も垣間見れます。

現代に引き継がれたロリィタ服。その誕生には繊細な時代背景や、たくさんの物語があったのかな?なんて想像してみると、もっとお洋服選びの幅が広がるのでは♪

気になった映画、そしてお洋服!きっとあるはず…♡
ぜひチェックしてみて♪

—–haru—–

ワンダーウェルト編集部
Wunderwelt Libreはロリータ・ゴスロリ・ゴシックファッションに関する情報発信メディアです。BABY,THE STARS SHINE BRIGHT・ALICE and the PIRATES・Innocent Worldなど人気ブランドの新作紹介やコーディネートから最新のトレンドをチェックできます♪