Header band ja e73ec3d0015538ca0903c3762f97d3f3fdc5bb22792a846c7daa3ab1a0ea536b Ww20200501 7052f30099ea1d213246f95bb4c6554a7fc4debc1f1108f7e02eca5b94cd1974

ボリュームパニエ(白/黒/生成)|ゴスロリ(ゴシックアンドロリータ)の洋服・ファッションの通販サイト|ワンダーウェルト

ゴスロリファッション・洋服の通販サイトワンダーウェルト
 
Header card ja a415dece3fe6ae600d8fb1f8cb99628aafba7cdbe517941c6b69703407f045d8
  • Right review ja 8cd504ec38ffeb2b40702497712a97548b4874eab6b7e0b9d0d0ff9bc33f7653
  • Libre ja 90de8f54af66a707d1127291a65ffb6a2476fbb859817878e72fb321519c93f4
Original petticoat pc 01 864b5bc1f51fc4c503a26768a2e51a87f4fb6108b62a7640ec7a9acfd54885a6
Original petticoat sp 01 5595d7ea4dfb0be6e2579960b284d46a644ec05cf9e2bfdf8365fc802cf93af6
Original petticoat pc 02 79276c23f2d43c57c9f25ce3e38e59d5d9b07c4a75c2a5b78a15ad87e55f84a9
Original petticoat sp 02 b5f7dd6fa2cd8b89d0b1a283773f15c219c9956a4bc21bf34394890d7edb9d96
ハードチュールのボリュームは欲しいけどチクチクするのは嫌。
でも柔らかいパニエだとワンピースが膨らまなくて困る。

そういったお客様のために、ふんわり着心地◎で
どんなお洋服でも綺麗なシルエットに見せてくれるソフトパニエを作りました。

シフォン素材でふんわり柔らかいパニエ。

軽くてボリュームもたっぷり。

フリルもついてみためもかわいい。

お値段は安いですが
ロリィタ上級者も納得のボリュームも形も綺麗なパニエです。
Original petticoat pc 03 9298444462e51a6398ea82f1aac21fbdbc7fe52e08e723067d5aedc148ca510e
Original petticoat sp 03 ad163752bb8a7de53d1d55a538cd45630e44ff6c32503266844a862507d3f8e7
『青木美沙子さんが動画で紹介してくださいました。』
Original petticoat pc 04 7acf73a74d364bf0b1aac062e2c24c655c86846b1314f1726340f32e946804dc
Original petticoat sp 04 e2cf2df23a2de97fc870b9ab8335b317353bafb49ef5e933ecb8ff07cbe9168f
Original petticoat pc 05 f6e576b38e56f65207a08991bae7327e6679701a581fb2e62d988bf863ad2901
Original petticoat sp 05 f136de605c1ad3a894a7c1e14f3a7eb5eb2db5f27547e525f0fa66e09bbb9b3e
KERAショップ新宿
KIST札幌店
メゾンドローゼンクロイツ
※店頭の販売価格はWEB限定価格と異なります。
Original petticoat button b 2721ff5342ec4d5e21ed16efa7c35e5e8e68a2bc8ccf255b94900f9123f33908

パニエ(フランス語:panier)とは

18世紀にヨーロッパでドレスなどのスカートを美しい形に広がらせるため、その下に着用したのが起源と言われている。 16世紀にスペインでスカートを膨らませることが流行した。 18世紀ごろにはイギリスで再度流行し、その後フランスに伝わったとされている。 18世紀当時、木や、クジラのヒゲなどで作られていたスカートをふくらますものは固く今のパニエとは大分ちがうものであった。 スカートを膨らませるためのインナーの形や様子が鳥かご(panir)のようだったので、パニエと呼ばれるようになった。 中世の女性たちの服装はパニエが生まれて以来どんどん巨大化し、重量のあるものとなっていった。 やがてロココから女性たちのパニエファッションは次第に華美を競うようになったが、新古典主義へ文化が移り変わる中で、ドレスやパニエもも簡素化され、その文化は廃れていくようになった。 ナポレオン1世の皇妃ジョセフィーヌが流行させた19世紀初頭、エンパイア・スタイルは、ロココスタイルとは異なり女性たちは軽やかなドレスに身を包みシンプルなスタイルを好むようになっていった。 1840年代、ファッションは大きく変化し、スカートを膨らませる役目はパニエを重ねて履くことからクリノリンへ移り変わった。 下半身を強調するバッスルスタイルを経て、胸を強調するコルセット、帽子やヘアアクセで顔や頭を飾り立て、下半身よりも上半身を強調するものに変わっていった。

現代もパニエはアンダースカートとしてウェディングドレスやワンピース(のスカート部分)を膨らませる用途として18世紀と形は異なるが着用されている。 下着、ファウンデーションなどと同じくインナーの一種である。 スカート部分を内側からふくらむようなシルエットを出すために履く見えないインナースカート。 ペチコートのように透けるのを防止することもできる。 パニエと一口に言っても、使用用途は様々。 着用したときのシルエットなどは商品によって違いがありますが、コスプレ・コスチュームやドレスなどに合わせるのはもちろん、ボリューム控えめのパニエを、普段の服装にさりげなくプラスし、ガーリーなスタイルを演出するのにも使われている。

Wunderweltオリジナルパニエ

ハードチュールのボリュームは欲しいけどチクチクするのは嫌。 別珍やコーデュロイなどの冬物の重い素材のジャンパースカート、ワンピースが膨らまなくて困る。 座ると痛いのでパニエは履きたくない。 敏感肌でチクチクすると太ももが真っ赤になってしまう。 ハードチュールのパニエを履くと固いのでスカートにパニエの形が出てしまってお洋服のシルエットが壊れてしまう野がきになる。 そういったお客様のために、ふんわり着心地◎のソフトパニエを作りました。 シフォン素材でふんわり柔らかいパニエ。 軽くてボリュームもたっぷり。 フリルもついてみためもかわいい。 お値段は安いですがボリュームも形も綺麗なパニエです。

ティアード型パニエはウエストがもたつかずシルエットも綺麗! パニエは基本的にウエスト部分がゴムになっている、フリーサイズのものが主流です。 中にはウエストがゴム仕様になっているものがおおく、サイズが気になる人も選びやすく履きやすいものがおおい。

色は、白、オフホワイト(生成)、黒の3色展開

人気のAngelicPretty(アンジェリックプリティ),BABY THE STARS SHINE BRIGHT(ベイビーザスターズシャインブライト)をはじめとする甘ロリ、Innocent World(イノセントワールド)、Victorian maiden(ヴィクトリアンメイデン)などのクラシカルロリータ、Moi-même-Moitié(モワメームモワティエ)、Sheglit( シェグリット)などのゴシック、エレガント様々なスタイルに合わせやすいパニエです。 パニエを通販で買うのが不安という方も安心できるボリューム感! ロリィタファッションは勿論、ドレススタイルのときに履くパニエとしてもおすすです。 お値段5990円が通販なら5490円で購入できます。

Mailmagazine modal ttl b565d358e90adfaaa449a3039dfadcfc0ed0ac47420e200f33a2880d853b5915 メルマガ登録

お名前とメールアドレスをご入力ください。
ワンダーウェルトの
最新情報やセール情報が
毎週届くようになります♪

※会員登録をしなくてもメールマガジンに登録できます。

メルマガだけでなく、会員登録をしたいかたはこちら
会員になるとお得なポイントサービスも!