ゴシック&ロリィタファッションの最新情報が集まるメディアサイト
閉じる
お洋服を買う- USED - お洋服を買う- NEW - お洋服を
売る

和ロリ、華ロリ、ムスロリとは?ロリィタは国境を越える!

ロリィタファッションは常に進化しており、諸国の民族服をモチーフにしたロリィタファッションも確立しつつあります。

和服を組み合わせた和ロリやチャイナ服を組み合わせた華ロリ、宗教とファッションを両立しているムスリマロリィタなど従来のロリィタファッションとはひと味違うデザインやスタイルに魅了される人も続出中。それぞれの概要や魅力についてお伝えします!

和ロリってどんなロリィタファッション?

和ロリとは、和風ロリィタの略称です。着物や浴衣のデザインにロリィタファッション要素を加えた、あるいはロリィタファッションに和柄や和風のアレンジを加えた服を指します。和服が民族服だなんて意外に思うかもしれませんが、外国の方からすると和服は日本の民族服。

和服は昔と比べると着る機会は減っていますが、今でもわたしたち日本人にとってはなじみ深い服ですよね。上の世代の方にとっては大正時代の和装と洋服の組み合わせと重なって見えるのか、ハイカラさんと混合されることもあります。ここ数年は子供用の浴衣ドレスが増えてきているので、和ロリも自然に見られる機会が増えてきました。

和ロリは従来の和服よりも動きやすく、自由なファッションができます。靴も下駄やブーツだけでなく、普段のロリィタファッションで履いているストラップシューズも合わせられます。和ロリを着てみたいけど勇気がないという方は、花火大会や盆踊りのある夏だと着やすいのではないでしょうか。和洋折衷で楽しめるのが、和ロリの大きな魅力です。

和ロリの服を作っているブランドはmetamorphose temps de fille、h.NAOTO、 goukの新しいカテゴリーであるgouk雅 、OzzOn、Millefleursの姉妹ブランドで着物をリメイクしている美流布(みるふ)、インディーズブランド 彩~aya~などです。

 

華ロリってどんなロリィタファッション?

 

華(はな)ロリとは中華風ロリィタの略称で、ロリィタファッションの中でも特に新しいジャンルです。中国ではチャイナドレスの正式な呼び方であるチーパオに由来して、Qi lolita(チーロリィタ)として親しまれています。チャイナドレスの特徴は、詰めえりとすそに入ったスリット、光沢や刺繍のある生地などです。そのチャイナドレスのデザインにロリィタファッション要素を加えた、あるいはロリィタ服にチャイナドレス風のアレンジを加えた服が、華ロリの服です。

どうして華ロリという読み方なのかというと、これには諸説あります。まずは、日本ではチャイナドレスの由来を知らない人が多く、チーロリィタではわかりにくいという説。次に、チーロリィタをチーロリやチロリと省略すると、虫と間違えられかねないこと。チロリとは中国語で言うと釣りえさ用の虫を指すのです。検索画面を見て気分が悪くなる人がいるかもしれないため、避けるべきだとされました。 そして、和ロリとの対比から華ロリという呼び方にした方がわかりやすいということで、華ロリという略称が定着。華ロリという呼び方はわかりやすいだけではなく、かわいらしくてロリィタの考え方にも合っています。

チャイナドレスのセクシーさとロリィタファッションの上品さが見事に融合している華ロリの服は、まさに華麗。今後発表するブランドが増えるかもしれませんね。華ロリの主なブランドはR-SERIES、QUTIE FRASH、アトリエCreme Brulee、FANPLUSFRIENDなどです。

 

ムスリマロリィタってどんなロリィタファッション?

 

ムスリマロリィタ(Muslim Lolita)とは、ムスリム(イスラム教徒)女性であるムスリマによるロリィタファッションスタイルです。ムスリマロリィタのはじまりは、欧米在住のムスリマの姿がインターネットで広まったこと。ムスリマとしての教えとロリィタファッションを両立している姿に、他のムスリム女性も共感し、ムスリムの服装とロリィタファッションをアレンジするようになったのです。

そのためムスリムとロリィタを組み合わせた服は今のところ作られていません。和ロリや華ロリとは観点が異なりますが、民族とロリィタが調和されているケースですので、本記事では取り上げています。また、ムスロリという略称が予想されますが、正確な略称が提案されていないため、ムスリマロリィタと呼んでいます。

ムスリマロリィタは顔と手以外の肌は隠すことになっているため、スカートの下には長ズボンやタイツを着用しています。そしてヒジャブという頭や顔まわりを覆っている布にフリルやコサージュをつけるなど有効に活用することでロリィタの雰囲気を忠実に守り、ムスリムとしての生活も成立できています。ロリィタファッションとムスリムは肌の露出を控えるといった点で親和性が高いファッションです。ムスリマロリィタはまさに、宗教の壁を超えたロリィタ。制限があっても工夫次第で素敵に見せることもできるんですね。

 

ロリィタはこれからも国境を越える。今後が楽しみ!

和ロリや華ロリは、それぞれの服の長所を取り入れ、かわいらしさやかっこよさが絶妙にマッチしています。ムスリマロリィタは、風習を守りながらもロリィタファッションを楽しんでいる姿が素敵です。

ロリィタファッションはこれからもさまざまな国や文化と交わりながら、発展していくのだろうと思うとワクワクしますね。今後のロリィタファッションから、目が離せません!