日本のロリータファッションを見た海外の反応


Cool Japan政策の一環としてのkawaiiムーブメント

“Cool Japan”という言葉をご存知でしょうか。
 
これは、日本の対外的文化宣伝・輸出政策のなかで使用されている用語で、海外から見るとユニークに映る日本文化を、宣伝・観光用のコンテンツとして発信していこうという、国の方針を示している言葉でもあります。このCool Japanが指すカルチャーのなかに、実はロリータファッションも含まれています。2009年には外務省により、人気モデル・青木美沙子らが「カワイイ大使」に任命され、ロリータファッションを含む、日本の”Kawaii”、つまり、「可愛い」コンテンツを、海外に向けて発信していこうという取り組みがおこなわれています。
 
海外での、日本のロリータファッションに対する認知度は、2000年前後より少しずつ上がっていきましたが、所謂「下妻ブーム」や、この”Cool Japan”政策により、その普及は加速したと言えるでしょう。欧米諸国では、多民族国家の多さ等も背景に、日本よりも個性的なファッションへの理解が進んでいるといえます。そうした事情もあり、国内では後期の目にさらされることも多いロリータファッションも、おおむね好意的に受け入れられているようです。そして勿論、日本の私たちのように、可愛らしいお洋服の魅力にとり憑かれ、どっぷりと嵌っていくお洒落さんたちも…。

海外ロリータちゃんのお洒落ぶりは必見

日本のロリータファッションに魅せられた海外のお洒落さんの姿って、気になりませんか?
 
雑誌『Gothic & Lolita Bible』等でも時々、海外のイベントやストリートスナップが掲載されていますが、インターネット上でも、コーディネート上級者さんのスタイリングがアップされていますよ。例えば、海外でのお茶会イベントを数多く開催している『日本ロリータ協会』の公式facebookページ(https://www.facebook.com/japanlolita)では、イベントに集まる世界のロリータさんの姿が見られます。
 
日本でも人気の定番コーデの方から、独創的なおしゃれを楽しんでいるお洒落さんまで、スタイリングの参考にもなりそう。ほかにも、metamorphose temps de fille公式サイトの「英語版」ページ内コンテンツ“Go! Go! Lolita-chan”(ゴー!ゴー!ロリータちゃん http://www.metamorphose.gr.jp/gogo_lolita.html)では、同ブランドのお洋服を身に纏った、世界各国のメタモルフォーゼ・ファンのスナップが掲載されています。
 
大手ブランドのなかでも、古くから海外通販を実施してきたmetamorphose tempes de filleならではの試みですね。

国外への店舗展開や海外向け通販を実施するブランドも

こうしたロリータファッション人気を背景に、人気ブランドも海外進出を推し進めているようです。
 
大手ブランドでは、BABY, THE STARS SHINE BRIGHTとAngelic Prettyの2ブランドが、フランス・パリと、アメリカ・サンフランシスコに直営店を展開しているほか、Innocent Worldはアメリカ・フランス・スウェーデン・オランダ・オーストラリアのセレクトショップに、自社製品を配置しているとのこと。勿論、対面販売だけでなく、通販も充実してきています。
 
BABY, THE STARS SHINE BRIGHTやmetamorphose temps de fille、Innocent Worldの公式サイトでは、日本語版ショッピングカート同様のインターフェイスから、商品を購入できます。ほかにも、転送サービス業者を利用した海外通販を実施しているAngelic Prettyや、海外向けオンラインショッピングサービスを利用しているMAXICIMAMのほか、近年はインディーズブランドでも、海外発送に対応しているケースがあるようです。海の向こうのロリータさんも、素敵なお洋服を手に入れやすくなってきているんですね。


関連記事