夏アイテム厳選買い☆③「白黒」つけます!日傘選びとロリータちゃんの夏対策


夏に使えるおすすめアイテムをご紹介する連載、最終回をお届けします。今回のテーマは「日傘選び」と、ロリータちゃんの夏対策について。日傘を選ぶなら、白?黒?夏だからこそ気を付けたい、インナー選びのポイントって?前回分前々回分と合わせて、ご覧下さいね。

白と黒、UVカット率はほぼ同じ。だけど…?

日傘は黒を買うべきか、それとも白を買うべきか――これはロリータさんに限らず、多くのお洒落さんが悩むことだと思います。黒の方が日焼けしないよ、いや白の方が涼しい等、俗説は多々ありますが、実際には生地部分にUV加工さえされていれば、紫外線カット率は一定以上を保つことが可能です。つまり、色によるUVカット効果の差は、殆ど無いと言えるのです。
但し、生地の色によって変化するものもあります。例えば、熱が篭りやすいのは、やはり黒。高温が予想される日の外出には、注意が必要です。一方、地面からの照り返しが多いのは白。近年、遮温効果があるとして、傘部分の内側に銀色の生地を用いたものも販売されていますが、これも同様に、下方向からの照り返しを強める効果があります。写真撮影に用いる「レフ鈑」を背負って歩くようなものなので、顔色は明るく見えますが、「地面からの日焼け」が気になる方にはおすすめしません。

晴れの日専用にするか、雨の日も使うのか

ロリータブランドから発売されている傘の多くは、UV加工済み、且つ、雨除けも可能な「晴雨兼用傘」です。但し、お傘を選ぶ際には、その傘を雨の日にも使うつもりかどうかをハッキリさせておきましょう。…と言いますのも、ふちのフリルが大ぶりなものは、大雨の日等は、雨だれが四方八方から落ちてくることがあるからです。また、閉じて持ち歩く場合にも、幅広のフリルに溜まった水滴が、お洋服に跳ねることも。晴れの日用のお傘と、雨の日用のお傘。用途に合わせてお気に入りを持っていれば、お出かけも更に楽しくなりますよ。

暑い時期こそ、インナーに工夫を!

蒸し暑く、過ごしにくい時期にこそこだわりたいのが、隠れたお洒落・インナー類です。
まず、暑いからと言って、ブルマもドロワーズも穿かない、所謂「生パン」状態だけは絶対にやめましょう!最近はスマートフォンを利用した盗撮も多く、被害に遭うロリータちゃんは後を絶ちません。悪いのは完全に「撮ってくる輩」なのですが、それでも自衛は大事ですよ。ドロワーズが暑ければ、短めのブルマや、ペチパンツ等を用意しておきましょう。
万が一、盗撮の被害に遭った場合は、迷わず警察へ相談を。悲しい思いをするロリータちゃんが続かない為にも、大切なことですよ。
パニエについても、足にまとわりつくシフォン素材を避けるだけで、肌触りは変わってきます。気になる方は、ナイロンシャーやチュール等、ハリのある素材のものを買い足すと良いでしょう。但し、汗によってかぶれる場合もあるので、肌の弱い方はご注意を。


神田はるよ

愛知県出身。アラサーOL兼休日ライター。思春期頃からロリータファッションに興味を持ち、細々と買い集めるように。趣味は洋裁とスポーツ観戦。最近は男子バレーばかり見ています。

神田はるよの記事一覧はこちら

関連記事