ロリータさんとエイジング④ それでも「卒業」の日が来たら…


美しく年齢を重ねるロリータさんを応援するプチ連載も、今回が最終回。ロリータのままで居たいけれど、それでも「卒業」を考える日が来たら…?もう少し軽めのお洒落や、新たなテイストを目指すことになった時、選択肢として覚えておいて損はないブランドと、素敵なショップをご紹介します。ブラウスやバッグなど、慣れ親しんだロリータアイテムが流用できるスタイルもありますよ。バックナンバー()と合わせて、読んでみてくださいね。

レトロでガーリー カジュアル派ならFi.n.t

東名阪を中心に実店舗を展開する「Fi.n.t(フィント)」。トレンドを押さえながらも、普遍的な可愛らしさを兼ね備えた、レトロガーリーなお洋服が揃います。シーズンによっては、ストラップシューズやリボンサンダル、パニエを合わせて穿くスカート等も登場するので、ロリータさんには親しみやすいでしょう。ネット通販も充実しており、10~20代の女性から広く支持を受けています。

大人だから似合うPINK HOUSE

元祖・ふりふり系と言えば、PINK HOUSE(ピンクハウス)。ボリューム感のあるシルエットと繊細なデザインで、40年以上熱烈な支持を受けているレディースブランドです。お母様やお姉様など、身近な大人が着用していたという方も、多いのではないでしょうか。年齢を重ねた女性の服というイメージが強いかもしれませんが、実は20代のファンも多いPINK HOUSE。それを裏付けるかのように、最近では「ももいろクローバーZ」とのコラボビジュアルも話題となりました。幾重にも重なるフリルやピンタック、優しい柄のオーバースカート…こんなキーワードに惹かれるあなたは、是非一度チェックしてみて。

50’sガールを気取りたい「チェリハニ」

最後に紹介するのは、ブランドではなくセレクトショップ。50’sドレスとアイテムを扱う『Sweet Cherry & Hate Honey's』さん、通称「チェリハニ」さんです。レトロでキュートなお洋服が揃う「チェリハニ」さんは、まるで海外のヴィンテージ雑誌を、そのまま具現化したかのようなお店。カラフルな色使いのドレスたちは、どれもキッチュで刺激的!ふわりと広がるサーキュラースカーや、ロカビリーテイストがお好きな方なら、きっと気に入られることでしょう。5~13号までを扱う、サイズ展開の豊富さも嬉しいところです。


神田はるよ

愛知県出身。アラサーOL兼休日ライター。思春期頃からロリータファッションに興味を持ち、細々と買い集めるように。趣味は洋裁とスポーツ観戦。最近は男子バレーばかり見ています。

神田はるよの記事一覧はこちら

関連記事