ロリータさんとエイジング① 週末までにできること


2000年ごろ花開いた、日本のロリータファッション・ムーブメント。世間への浸透はまだまだで、愛しいお洋服を着て出歩けば、好奇の目に晒される毎日でした。そんな時代を生き抜いてきた、謂わば「第一世代」のロリータさんたちが今、30代・40代に突入しようとしています。顔つきも体型も、あの頃とは少しずつ変わりつつある。だけどまだまだ、可愛くありたい!――そんな皆様のお力になるべく、今回から数本に分けて、エイジング(加齢)と向き合うロリータさんのお気持ちに寄り添う文章を書いていきたいと思います。まだまだお若い世代の方にも、将来の参考になれば嬉しいです。
今日のお話は、週末のお出掛けまでにできる「悪あがき」について。是非最後まで、おつきあいくださいませ。

20代からカラダは変わる!

1週間後に控えた、大切なお出掛け。それまでに何とか、若々しい自分を見つけたい!――今回は、そんな方のためのアドバイスを幾つかご紹介します。これは筆者個人の実感ですが、肌のハリや艶は、20代後半から少しずつ変化していきます。エイジングじたいは勿論ですが、ストレスや生活リズムの変化等、わたしたちの体は常に刺激に晒されています。そこから影響を受けてしまうのは仕方ないことのですが、それでもこの日だけは綺麗でいたい!…という時って、ありますよね。以下では、筆者がこれまでに悩み、試した美容法の一部をご紹介します。
尚、本記事の内容は筆者個人の実感を元にしておりますので、実行によって得られる効果には個人差がありますことをご了承ください。深刻なお悩みに際しては、医療機関等を受診してくださいね。

睡眠不足のせいだけじゃない?目元を明るく見せるには

顔のパーツのなかでも、特に年齢が出やすいと言われている、目元。皮膚が薄い部分なので、小じわができやすいのも悩みですが、同時に、血色を気にされている方も多いのではないでしょうか。眠っても眠っても消えない、目の下のくま。かく言う筆者の顔にも、立派なくまさんが2匹…すっかり長い付き合いになってしまいました。
くまの種類にもよりますが、くまの周りの血行を良くすることで、薄くできるケースがあるようです。『怪傑シロくまくん』という商品をご存じでしょうか。大型のドラッグストアや一部コスメショップ等で販売されているのですが、これを目の下に貼って寝ると、遠赤外線効果によって、血行が良くなるのだとか。筆者も使ったことがありますが、確かに少し、くまが薄くなるような…。但し、シートの跡が肌に残ってしまい、メイクの際に困りました。血行促進が目的の場合、最近は『蒸気でホットアイマスク』を使用しています。『シロくまくん』ほどピンポイントな効果は得られていないのですが、何もしないよりは、翌朝の目元が明るいと感じています。
勿論、目元だけでなく、全身の血行を良くすることも大切です。ストレッチで体をほぐす・しっかりお風呂に浸かる・冷たい食べ物・飲み物を避ける等、生活全体を見直せると良いですね。
ちなみに、傷や摩擦など、色素沈着によってできるくまは、メイクでごまかすのが手っ取り早いようです。コンシーラーを塗る以外にも、オレンジ~ピンク系のアイシャドウを入れることで、薄く見せることができるとか。お悩みの方は、一度試してみてくださいね。

マッサージ、顔だけじゃダメ?

次にご紹介するのは、ほうれい線とフェイスライン対策です。左右の小鼻から八の字に伸びる、憎き一本道・ほうれい線。そしてフェイスラインの崩れは、年齢を重ねるごとに、どうしても目立ってきてしまいます。皮下脂肪のつき方等にも左右されますが、数日のうちに何とかしようと思ったら、そこまで考えていられません。
一時的にでも改善したいなら、マッサージはいかがでしょうか。…と言っても、顔の筋肉をほぐすだけでは、ちょっと頼りないかも知れません。顔のむくみや血行不良は、首から下にも原因のある場合が多いのだそうです。腰や背中、わきの下など、血管やリンパ腺が集中するポイントを意識しながら、上半身全体をケアするつもりで取り組みましょう。肩をぐるぐる回したり、背中をぐっと伸ばしたり。耳たぶを揉むとか、ウエストを捻る運動を加えるだけでも違うようです。一部エステサロンで、顔のリフトアップコースに上半身全体への施術が含まれているのは、このような理由もあってのことだそうです。
フェイスケアのためのマッサージについては、書店へ足を運べば、さまざまな教本が並んでいます。最近では、マッサージ用の道具が付いたムック本も多いようですね。こうしたテキストを選ぶ際には是非、上半身全体へのアプローチが掲載されているかどうかも、チェックしてみてくださいね。
ちなみに、掲載の画像は、筆者が実際に購入した教本です。付録のグッズも含め、個人的には非常に気に入りました。新装版も出るほどの売れ行きだったそうなので、ご参考までに。

美は一日にして成りません。皆様、どうか共に努めましょう。


神田はるよ

愛知県出身。アラサーOL兼休日ライター。思春期頃からロリータファッションに興味を持ち、細々と買い集めるように。趣味は洋裁とスポーツ観戦。最近は男子バレーばかり見ています。

神田はるよの記事一覧はこちら

関連記事