閉じる

ATELIER BOZ(アトリエ ボズ)洋服の古着の買取について

ATELIER BOZ(アトリエ ボズ)は、1995年に柴田孝史氏が立ち上げました。柴田氏は、日本ではファッションデザイナーの名門校とされている文化服装学院の出身者です。ラフォーレ原宿にあるセレクトショップで、ゴシックなアイテムを要求されたことが、現在のスタイルが確立するきっかけとなります。その後、2000年に初めての直営店が札幌にオープン。翌年には東京の渋谷区に本店とアトリエを兼ねたショップをオープンします。その間に、ヴィジュアル系バンドへの衣装提供などを手掛けたりして、活躍を続けます。そして、現在では、ゴシックの世界では圧倒的な知名度と人気を誇るゴシックブランドの1つとして名を馳せています。

ATELIER BOZ(アトリエ ボズ)のお洋服の特徴

ATELIER BOZは、中世ヨーロッパのクラシカルなファッションからインスピレーションを受けた美しいシルエットが特徴的です。クラシカルなヨーロッパのドレスのようなシルエットに、大きな襟やリボン、独特のカッティングなど、個性的なディテールをのせたファッションが、ファンの心を掴んでいます。中心となっているカラーは、やはりブラック。そして、ホワイトやミリタリーグリーン、ブルー、ボルドーなどのカラーが入ってきます。ATELIER BOZのお洋服を身に纏うと、中世の世界にタイムスリップしたかのような世界観を堪能できます。クラシカルで上品なシルエットとデザインは、ゴシックブランドの中でもトップクラスのレベルに達しています。また、その他のゴスロリやロリィタ系ブランドのファッションと比べると、華美な装飾は控えめになっています。そのため、ヘッドアクセサリーや帽子、グローブ、レッグウェア、シューズ、バッグなど、小物使いでオリジナリティーを表現したコーディネートがつくりやすいです。

ATELIER BOZ(アトリエ ボズ)のデザイン

ATELIER BOZは、エレガントでクラシカルなゴシックファッションを展開しています。シルエットは、シェイプしたウエストに、ふんわりと広がったフレアスカート、タイトなロングコートなど、シルエットの美しさが際立つデザインが高評価を得ています。中世の雰囲気を盛り上げているのは、こだわりのディテールです。例えば、ボタンはアンティーク調のダークゴールドを使用して、クラシカルに仕上げているものもあります。さらには、ランダムな裾のカットを施していたり、大きな襟と大きなカフスで印象的なディテールをあしらうなどして、個性的に仕上げたデザインも人気です。繊細なディテールとレベルの高いカッティング技術、そして完璧に仕立てられたシルエットが、ATELIER BOZの魅力となっています。

ATELIER BOZ(アトリエ ボズ)洋服の古着の買取について

ATELIER BOZの着用しなくなったお洋服をお持ちの方は、リサイクルをお考えになってみませんか。ATELIER BOZは、ゴシック系ファッションの愛用者からとても人気の高いブランドです。リサイクルショップでも、トップクラスの人気を誇っています。買取ショップでは、ゴスロリ系ブランドを中心に取り扱っているショップがあります。そういった買取ショップでしたら、ATELIER BOZの人気と知名度を熟知しているので、高い評価が得られる可能性大です。ジャンルの広いアイテムを扱う一般的な買取ショップや、グラム単位で買取をしている買取ショップですと、せっかくのATELIER BOZの古着が想像以上に安い買取査定結果になってしまうことも多いです。人気ブランドATELIER BOZのお洋服の買取は、ゴスロリ系・ロリィタ系買取ショップへお出しいただくことをオススメします。

ATELIER BOZ(アトリエ ボズ)の洋服を通販で購入したい方はこちらから

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

更新通知を受け取る »
avatar
wpDiscuz